スポンサーリンク

建築に必要な7つの工程

建築

建築ができるまでにはいろいろな工程を経て完成します。

皆さんは建築が完成するまでにどれくらいの工程があるか知っていますか。

建物の相談、工事、完成の3つだけの工程だと思っていませんか。

実はそんな短くありません。

建物ができるまでには7つの工程を経てやっと完成します。

スポンサーリンク

建物ができる7つの工程

  • 事前相談
  • プランニング
  • 基本設計
  • 実施設計
  • 見積依頼
  • 工事監理
  • アフター

この7つの工程により建物が完成します。

この7つの工程簡潔に紹介します。

事前相談

まず建物を建てるために初めにやることは事前相談です。

事前相談でやることは顔合わせヒアリングです。

顔合わせでやること

  • 質疑応答
  • 事例紹介
  • 相性の確認

ヒアリングでやること

  • 要望を聞く
  • 予算
  • 入居の予定

建物を建てるにはまずはお客様との話し合いから始まります。

お客様にとって住宅を購入するのは人生で1度あるかないか、そんなお買い物を失敗させてはいけない。そのためにもしっかりとした話し合いをしましょう。

 

理想の家を建てるならしっかり相談しよう!

プランニング

プランニングとは計画、企画をして立案することであります。

プランニングでやることは現地調査です。

現地調査でやること

  • 日当たり
  • 眺望
  • プライバシー
  • 法規チェック
  • プランの提案
  • 建築条件の整理
  • コストコントロール

プランニングをするために現地を知ることが1番大切である。

基本設計

基本設計では基本的な方向性を確認し計画概要を決定する。

基本設計でやること

  • 建築概要
  • 一般図 (仕上げ表、平面図、立面図、断面図)
  • 模型パース など

事前相談にて話し合ったことを取り入れて設計図を決定する。

その際に、その土地の建築基準を確認しできることできないことをお客様にお伝えします。ここで設計の方向性が決まりますのでしっかり考えましょう。

 

実施設計

実施設計では工事費の見積もり、施工に必要な設計図を作成する。

建築概要

設計図は1つだけではありません。

設計図には

  • 一般図
  • 矩形図
  • 扉開図
  • 建具図
  • 詳細図
  • 構築図
  • 設備図 など

 

実施設計ではすべての設計図を作成します。

どんな構造なのか、工事にかかるお金はどれくらいなのか、材料は何を使うのか、などの設計図を作成します。

 

見積依頼

見積依頼では、工事業者の選定と見積依頼をします。

見積依頼でやること

  • 通常、工事業者は2~3社に見積依頼をだす。

見積依頼によって材料にかかるお金、建物の面積などが分かるようになります。

工事業者の選定

  • 見積内容
  • 業者の特性
  • 現場監督の質

などを考え施主に助言する。

工事業者にはいろいろな人がいます。その中でも実力や性格などから見ておすすめの人を紹介します。

工事監理

設計図書どおりに施工できるように監理する。

  • 定例打合せ
  • 色、質感などを決定
  • 施工図の作成
  • 中間検査
  • 完了検査

竣工引き渡し

  • 施主検査
  • 手直し工事の確認
  • 取り扱い説明

計画した設計図通りに建物が完成するか管理します。

アフター

アフターでやることは

  • 1年点検
  • 随時

工事が完了したら即建物を渡せるのではなく設計者、役所の完了検査を経て建物をお客様に渡します。

 


まとめ

 

建築に必要な7つの工程をざっとまとめると

  1. お客様とどんな家にするか考える
  2. 建物の方向性を決定
  3. 設計図を作成
  4. 建物の費用を算出する
  5. 工事業者を探す
  6. 完成後設計図どおり出来てるか確認
  7. お客さまに家を渡す。

こんな感じですね!

以上が建築に必要な7つの工程でした。

人生で家を買うときは1度あるかないか、そんな大事なことを適当に決めずしっかり考えて決めましょう。


 

ワンポイント

現在では、取り入れるのが当たり前になってきたバリアフリーデザインとユニバーサルデザインは、昔はどう取り入れるか考えることから始まりました。

  • バリアフリーデザイン 体の不自由な人たちに対するデザイン
  • ユニバーサルデザイン すべての人たちに利用可能なデザイン

 

 

 

 

 

 

建築
スポンサーリンク
神ゲーオフライン

コメント

タイトルとURLをコピーしました