スポンサーリンク

世界の建築家4人の建築スタイル

建築

世界には多くの建築家がいます。

わたしもいずれかは建築家になる男です。

建築家には近代建築の3代巨匠がいます。

3代巨匠というのは

  • フランク・ロイド・ライド
  • ミース・ファン・デル・ローエ
  • ル・コルビュジエ

この方たちには建築スタイルがあります。

それをこれから紹介していきます。

スポンサーリンク

間仕切れるライトの家具・インテリア

フランク・ロイド・ライト

国籍 アメリカ合衆国

誕生 1867年

主な建築

  • スーザン・ローレンス・ダナ邸
  • ロビ邸
  • 落水荘

スタイル プレイリースタイル

プレイリースタイルとは部屋を壁で完全に区切らず、穏やかにつなげた空間構成である。

壁で区切らないから開放感のある建物になるぞ

スーザン・ローレンス・ダナ邸の家具、椅子の背は高い作りになっている。

有名なところだとハイバックチェアです。

何故、背が高い作りになっているのかというとイスをなどただ座るのではなくくつろぐ空間、パーソナル空間に変えることが目的だからです。

そのため背が高い作りになっています。

家具で用途を決める建築

ミース・ファン・デル・ローエ

国籍 ドイツ/アメリカ合衆国

誕生 1886年

主な建築

  • バルセロナ・パビリオン
  • トゥーゲンハット邸
  • ファンズワ―ス邸

スタイル ユニバーサル・スタイル

ユニバーサル・スタイルとは、どんな機能でも受け入れられる寛容なガランとした箱である。

ミースの空間の作り方として、建築はどんなことにも対応できる箱であればいい。家具によって用途が決まる。

建物がメインではなく家具がメインなんだよね!

建築を機能させる家具

ル・コルビュジエ

国籍 スイス

誕生 1887年 

主な建築

  • サヴォア邸
  • 小さな家
  • ラ・ロッシュジャンヌ邸

ル・コルビュジエはペンネームみたいなもので、本名はシャルル=エドゥアール・ジャヌレである。

LC1スリングチェアやLC6ダイニングテーブルなどの家具は、すべてシャルロット・べリアンとピエール・ジャンヌが共同で作成した。

ちなみにLCとはル・コルビュジエの略です。

数年後めがねはMGNダイニングテーブルを完成させる。といいな


リートフェルトの家具=建築

ヘリット・トーマス・リートフェルト

国籍 オランダ

誕生 1888年

主な建築

  • シュレーダー邸
  • リートフェルト・パビリオン
  • エラスムスラーン定層集合住宅

スタイル デ・ステイル運動

デ・ステイル運動とは、水平線、垂直線、直角、正方形、長方形、3原色  非装飾性、単純性を追求した新造形主義のことである。

ヘリット・トーマス・リートフェルトは建築から家具まですべてを設計し、レッドアンドブルーチェアやミリタリーテーブルなどシンプルな形をした家具が多いです。

 

建築設計でもやっとなのに家具まで作るとはやりおる。。

 

まとめ

今回はこの4人の建築家の方々でした。

  • フランク・ロイド・ライド
  • ミース・ファン・デル・ローエ
  • ル・コルビュジエ
  • ヘリット・トーマス・リートフェルト

どの方も同じスタイルの方はいませんね。

フランク・ロイド・ライドは、部屋を区切らないオープンな家を作ります。

ミース・ファン・デル・ローエは、建物より家具をメインに作ってますよね。

ル・コルビュジエは、建物がより効果的に機能するための家具も作ります。

ヘリット・トーマス・リートフェルトは、シンプルなデザインが多めです。

 

 

以上、世界の建築家4人の建築スタイルでした。

 

次回は家具にこだわる建築家編

 

 

 

建築
スポンサーリンク
神ゲーオフライン

コメント

タイトルとURLをコピーしました