スポンサーリンク

快適な家を建てるには断熱対策が重要

建築

家を建てる。

これは、誰しもが考えるのではないでしょうか。

家を建てるとしてまず何を考えるのでしょうか。

耐震?防犯対策?特別な風呂?予算?などでしょうか?

この中のどれも大切な要素だと思いますが、ここで断熱対策を考えてほしいです。

断熱対策を考えた家と考えない家では、家の快適差が圧倒的に変わります。

断熱対策として外張り断熱とネオマフォームを推奨します。

そのかわり予算も変わります。

まず断熱には、2つの種類があります。

  • 充填断熱
  • 外張り断熱
スポンサーリンク

充填断熱

充填断熱の特徴としては、柱の間に断熱材を入れます。

柱の間に断熱材を入れるため風が入りやすく、破れたときに水蒸気が入るとカビなどになります。

外張り断熱

外張り断熱の特徴としては、断熱材が家を覆います。

断熱材が、家を覆うため屋根に降りかかる熱を遮断できます。さらに壁を覆うときに気密テープで止めるため風が、入りにくく快適な家になります。

外張り断熱の良さ

外張り断熱の良さは、建物全体を覆うため一定の温度になります。

充填断熱と違い柱の外に断熱材を貼るため柱が、呼吸しやすくなります。呼吸しやすくなるため家の寿命が延び長持ちします。

冬の日に窓を見ると結露してますよね。

それは中と外の温度差があるためです。ですが、外張り断熱は温度差が少ないためあまり結露しません。

温度が、一定になるから無駄なエネルギーがなく地球環境にいいね!

外張り断熱の施工

外張り断熱は、どこに断熱材を貼るのか!

屋根部位の施工

屋根の部位の施工は主に3つ

  • 屋根
  • 天井
  • 桁上

壁部位の施工

壁の部位の施工は1つだけです。

床部位の施工

床の部位の施工は主に2つです。

  • 基礎

基礎の断熱は、立ち上がり部分や周りに貼ります。

断熱材の厚さ

断熱材にはいろいろあります。

ネオマフォームの厚さ

  • 屋根 50mm
  • 壁  30mm
  • 床  45mm
  • 基礎 30mm

床と基礎の断熱材は、どちらか選べます。

グラスウールの厚さ(10K)

  • 50mm

ビーズ法ポリエチレン(3号)

  • 40mm

押出しポリエチレン(3種)

  • 30mm

代表的な気密材

代表的な気密材5選

  • 画材
  • 乾燥木材
  • 防湿フィルム
  • 透湿防水シート
  • ネオマフォーム

気密で大切なこと

気密で大切なことは、すべての断熱材がつながっていることである。

全てつながっていることで、風が入りにくい家になります。

ネオマフォームの取り扱い

ネオマフォームは、F☆☆☆☆のため制限なく使うことが可能です。

ネオマフォームは、ブルーシートで保護し施工の際または、施工後に雨などで濡れてしまったらしっかりと乾燥させてから使うようにする。

ネオマフォームを捨てる時は、廃プラスチック類として捨てます。

屋根での作業は危ないから強風の時は作業が中止になる。

 

外張り用の釘

ネオマフォームを建物に止めるには、外張り用の釘(パネリード)を使います。

パネリードの使い方

外装材┃パネリード┃通気胴線┃ネオマフォーム┃耐画材┃柱

野地板┃パネリード┃通気垂木┃ネオマフォーム┃地下合板┃垂木┃

通常の釘だと折れるまたは、抜けたりしてしまうため使うことはできないが、仮止め用としては使える。


 

まとめ

家を買うというのは、一生で1回、2回の数回の買い物です。

ここで安上がりにしようとかなんでもいいかみたいな考えは後悔の原因になります。

店の人に任せっきりにならないように、自分も学びどれが家にとって最適なのか考えましょう。 

以上、快適な家を建てるには断熱対策が重要でした。

 

 

建築
スポンサーリンク
神ゲーオフライン

コメント

タイトルとURLをコピーしました