スポンサーリンク

窓の存在が空間を変える

建築

今日も建築ライフ楽しんでるかなぁ!

いつも見ている窓には、いろいろと種類があるのを知っているかい?

ある建物は壁が、すべて窓でプライバシーのへったくりもなく、またある建物は窓がなく、ただの箱のように見える。それがまたかっこよく見えてしまう。

そんな窓の使い方を見ていきましょう!

 

建物は、家具などのもの以外にも窓が重要になります。窓が、あることで明るさ、暗さ、暑さ、寒さなどに影響があります。

窓にも、いろいろな種類があり建築計画するうえで、考える必要がありますが、中には窓がない建築もあります。

さまざまな建物を見て、どれがその建物の最善の窓になるかを考えるのも建築ライフを楽しむ要因でしょう。

 

それでは窓の役割、メリット、デメリットを話していきましょう。

スポンサーリンク

窓の役割 

窓の役割は主に3つ

  1. 光を通す役割
  2. 視線を通す役割
  3. 風を通す役割

 光を通す役割

窓の最大メリットである光を通す役割、これがあることによってまぶしさ、暑さが対策される。

しかし、窓の配置を間違えないように注意が必要だぞ!

注意する点は3つ
  • 室内の明るさ
  • まぶしくならないように⇦西日を取り込む
  • 熱を取り込むので方位を確認
窓の種類

窓は基本、目線の高さだがそれだけが窓のすべてではない

  • トップライト(天窓)
  • ハイサイドライト(高窓)

この2つも多く使われ、あのル・コルビェジエはモリトールのアパートで、ハイサイドライトを多用しています。

トップライト(天窓)

トップライトとは、天井に窓を付けることです。

メリット

  • 外壁に面してない部屋でも光が届く
  • 最も効率よく光を確保できる。

ハイサイドライト(高窓)

ハイサイドライトとは、通常の位置より高めに設置された窓のことです。

メリット

  • 部屋の奥まで光が届く
  • 窓の面積が小さくても効率よく明るさを得る。

 

ハイサイドライトをトイレ、キッチン近くで使うことで、清潔に見せることが可能!

 

遮光を防ぐためには

ブリーズソレイユとは、遮光のために窓の外に設けられたルーバーで建築と一体化された日除けのことです。要するにまぶしさ、暑さ対策になるということです。

ブリーズソレイユが、使われている建物はチャンディーガル、ユニテ・ダビタシオンなどです。

視線の役割

窓が、大きければその分開放的な空間が作れるしかし、その反対に外からも中が丸見えになってしまう。あの人の寝顔かわいいなどと言われては、おちおち寝ていられないですね。

とくに、夜間、部屋が明るければ丸見え間違いなし!建てるときは、プライバシーに配慮しましょう。逆に、昼間は見えにくいので存分に使いましょう!

なかでも、ミース・ファン・デル・ローエは見せる建築がうまく、ファンズワ―ス邸など数々の建築を手掛けています。ミース・ファン・デル・ローエが、もっともっと知りたい方はここから見ることができます。➡世界の建築家4人のスタイル

 

風を通す役割

風を通す役割として

  • 敷地の風向きによって換気量が変わります。
  • 窓の開き方や空気の流れの関係
  • 室内に新鮮な空気を取り入れる

窓を設置するときに、空気を取り入れる窓空気を逃がす窓が必要になります。高さによって、空気の入り方が変わります。

空気は、暖かくなることで上に上昇していきます。それを利用して南側なら低め、北側なら高めに設置します。

そうすることで、常に新鮮な空気が建物内に入ってきます。

 

ルイスカーンなど窓づくりがうまい人を見習いましょう!

 


 

まとめ

窓を設置することで、風、光、視線の3つの役割を支えます。

しかし、設置する場所によっては、効果的に役割が発揮されません。

効果的に窓の役割を発揮させるには、日当たりのいい南面に窓を設置したり、風の通りを作るために1つの部屋に、窓を2つ設置しましょう。

以上、窓の存在が空間を変えるでした。

 

 

建築
スポンサーリンク
神ゲーオフライン

コメント

タイトルとURLをコピーしました